手荷物で機内持ち込み可能なスーツケースのサイズは?

イメージ左

スーツケースの中に貴重品が入っている時は、できれば預けずに手荷物で持ち込みたいですね。

手荷物で持ち込み可能なトランクは、2009年12月からルールが変わりましたので、お気をつけください。

改正されたサイズは、国内線国際線、ANA、JALともに

3辺の合計が115cm以内となっています。

(55cm×45cm×20cm以内)

重量は10kgまでとなっています。

スーツケースの場合、ハンドルの出っ張り部分もサイズに含まれます。

ソフトタイプのスーツケースであれば、押し込んだりしてサイズも融通が利くこともありますが、ハードタイプのスーツケースは形が変わらないので大きさには充分注意された方が良いですね。

※国際線などの乗り継ぎ便で100席以下の旅客機の場合は3辺合計が100cm以下となります。

詳しくはこちらでもご確認になれます こちら 手荷物に関するルール

スーツケースを手荷物で持ち込む

機内手荷物

スーツケースを手荷物で持ち込む時って、ほとんどの場合は壊れ物や貴重品があって預ける荷物の中には入れたくないものがあるときだと思います。

日帰りや一泊二日程度の小旅行や出張でそんなに荷物が多くない時も、いちいち荷物を預けて、バゲッジクレームで自分の荷物が出てくるのを待つ時間が過ごしたくないということもあるかもしれません。


こんな荷物の扱い方をされることもある?(笑)→


国内での荷物の扱いにはそれほど心配はないですが、海外旅行では預けるのがちょっと不安になることもあります。

サイト管理人も実際にヨーロッパからの帰りに荷物を紛失され、3日後に戻ってくるということがありました。

そのときには、スーツケースのキャスターは壊れていましたし(泣)なによりお土産をスーツケースの中に入れていたので、渡すのを楽しみにしていた気分が台無しになったイヤな思い出があります。

その時から、できるだけ預ける荷物は少なく、しばらくなくても困らない荷物だけ預けるようになりました。

帰りだからまだ良かったかもしれませんが、これが行きの場合だったらと思うと大変です。

スーツケースを機内持ち込みの時に注意すること

機内持ち込みのサイズが変わっています。

かなりキビシくなっているようなので、もしかすると以前は通してくれたスーツケースもサイズオーバーになっているかもしれませんね。

入口に手荷物検査機があり、大きさを確認されるようになっています。

ハードスーツケースの持ち込みをする場合にはカタチの変形もできないので、特にサイズを測って確認しておいた方が良いですね。

機内に持ち込みやすいのはやはりソフトタイプで、外ポケットや車輪キャリーが小さいモノ、ハンドルが完全に収納できるスーツケースが良いですね。

国内線も国際線もこちらで確認 こちら 手荷物に関するルールが変わりました

飛行機を利用して移動する時に、気になるのは荷物をどうするか、です。

短期間の旅行や出張だったら、荷物を預けずに手荷物でまとめて時間を節約したいものです。

手荷物で機内に持ち込みができれば、時間の節約になるだけではなく、手元に持ち物があるという安心感もあるのが良いですね。

近年は事故を防ぐためにも、いろんな制約が出てきました。

機内に持ち込めるスーツケースも購入時によく調べて、買い求めたいですね。

【PR】

国内・海外土産通販サイトのギフトランド